k
ahamo

【ahamo 体験談】つかえなくなるサービスまとめ

まえがき

今年の春、ドコモの「シェアパック」(新規申込み終了)を6年程使っていた筆者の同僚の家族がahamoに変更しました。

彼女は以前ドコモショップで勤務しており、ahamoのサービス(デメリットも)を熟知していました。そして、サービス開始日の2021年3月26日から数日後にプラン変更するほど、ahamoに「惚れ込んで」いました。

ドコモショップ

・キャリアメールアドレスが使えなくなる
・留守番電話が使えなくなる
・ドコモ光セット割がなくなる…

ahamoにまつわるデメリットと呼ばれるものはいくつかありますが、彼女にとってのデメリットは「spモードコンテンツ決済(dメニュー掲載コンテンツ)が使えなくなること」でした。

ahamoに切り替えることによって使えなくなるサービス、消えてしまう割引は100個ほどありますが、「使えなくなると困るサービス」「なくなってしまうと困る割引」は人によって違います

今回は、「ahamoに切り替えることにより使えなくなって特に困ると思われるサービス、及び注意点」について、かつてドコモショップに勤めていた筆者の同僚から聞いた話、及びドコモのホームページから抽出した内容をもとにまとめています。

彼女の「ahamo」体験談も記事にの最後に盛り込んでいますので、
「自分がahamoに合っている、合っていない」の判断をしてみて下さい。

目次

  1. ahamoのプラン内容
  2. 元に戻せないサービス
    ∟ドコモのメールアドレス
    ∟ドコモクラウドを経由したサービス
       ドコモ電話帳|データ保管BOXなど

    ∟spモードコンテンツ決済サービス
      (dメニュー掲載コンテンツ)
  3. シェアパックを組んでいる方は要注意
  4. その他使えなくなるサービス
    ∟留守番電話サービス
    ∟ドコモショップでの無償対応
  5. ファミリー割引などについて
    ∟ファミリー割引
    ∟みんなドコモ割と光セット割
  6. ahamoに変わっても引き継げるサービス
    ∟d払い
    ∟スマホおかえしプログラム
    ∟ケータイ補償お届けサービス
  7. ahamoの感想

1.ahamoのプラン内容

ahamoサービス内容

・月額基本料金は2,970円(税込)
・データ容量20GB(海外でも利用可能)
・データ量20GB超過後の速度は最大1Mbps
・データ量追加は1GBあたり550円(税込)
・ネットワークは4G/5G対応
・テザリング無料
・契約期間の縛りなし
・事務手数料なし
・手続き、サポートは基本オンラインのみ
・ドコモショップでのサポートもあり(有償)

 

通話料に関して

・5分間までの国内通話何回かけても無料
・5分超過の通話は30秒あたり22円(税込)
・月額1,100円(税込)で24時間かけ放題

※0570のナビダイヤル、SMS、海外への発信、海外での発信、他社接続サービスなどへの発信は、別途料金がかかります。
ahamo公式HP 通話料に関して

以下は、同じドコモのプランである「ギガライト」(各種割引なし)の料金表ですが、ギガライトと比べると1GBあたりのデータ通信料金も安く、1ヶ月に使えるデータ量も多くなっています。しかも通信品質はドコモ品質です。

ドコモ ギガライト

オンライン専用プランで、従来のドコモのプランにあった割引やサービスはとことんカットされ、シンプルな月額料金でサービスが展開されていますが、次の章からはahamoでは使えなくなる主なサービスについて解説していきます。

ahamoの特徴、他のプランや他社との比較について、ご興味がある方は、ahamoの疑問点について解説しますも併せてお読みになってみてください。

2.元に戻せないサービス

元に戻れない

1.ドコモのメールアドレス

ドコモのプランからahamoに変更すると、ドコモメール「@docomo.ne.jp」は使えなくなります。

そしてドコモから他の携帯電話会社へ乗り換えをした時もドコモメール(今まで使っていたメールアドレス)は二度と使用することはできなくなりますが、ahamoも同様で、ahamoから再度ドコモのプランに戻ったとしても、以前と同じメールアドレスを使用することはできません

日常生活においてメールの送受信をドコモメールにしていなければ問題ないかもしれませんが、各種サービスにおいて「会員登録」用にドコモのメールアドレスを登録している方は要注意です。例えば

・Apple ID
・Facebook
・Amazon

などです。

各種サービスにログインする際、もしパスワードを忘れてしまっていても、パスワードを復旧することができますが、ほとんどのサービスにおいては初期登録時のメールアドレスの入力が求められます。

Apple Facebook Amazon

何故ならば、このメールアドレス宛にパスワードの復旧メールが届くからです。

しかし、ドコモメールを初期登録時のメールアドレスにしている方がahamoに切り替えてドコモメールが使えなくなってしまった状態で、パスワードを忘れてしまっていると、復旧メールは届かなくなってしまうため、もはやどうにもなりません。

そう言えば、(あのサービスには)ドコモのメールアドレスを登録していたかも?」と思われた方は、ahamoに変える前に、各種サービスに初期登録したメールアドレスをgmailなどに変更しておきましょう。

2.ドコモクラウドを経由したサービス
   ドコモ電話帳|データ保管BOXなど

ドコモクラウド「ドコモクラウド」とはドコモが管理しているクラウドサービスで、ドコモユーザーの方が、このクラウドサービスを利用すると、電話帳、写真、動画、音楽だけでなくPDFファイルなどあらゆるファイル形式のデータをドコモのクラウドサービスに保存することができます。

ahamoはドコモクラウドに対応していないため、ahamoに切り替えると、ドコモクラウドに関係したほとんどのドコモのサービスは使えなくなるだけでなく、保存していたデータも削除され、二度と戻ってきません。

具体的には、以下のサービスが挙げられます。

・ドコモ電話帳
・データ保管BOX
・dフォト(写真お預かり機能)
・クラウド容量オプション
・ケータイデータお預かりサービス
・ドコモアプリデータバックアップ

ドコモメールが使えなくなることをご説明しましたが、ahamoに切り替えるとドコモメールのメールアドレスだけでなく、ドコモのクラウド上に保存してあるメールも消去されます。

ahamoに切り替える前に、スマホ本体に受信メールを保存すれば、ahamo変更後でも、一応メールを見ることはできますが、何かのトラブルでメールが消えてしまう可能性もあるので注意が必要です。

大事な写真、メール等は、Google ドライブやiCloudなどドコモ以外のクラウドサービスに必ずバックアップしておきましょう。

大事な写真

3.spモードコンテンツ決済サービス
  (dメニュー掲載コンテンツ)

実店舗やネット上で買い物をする際の支払い代金やサービス料金を毎月の携帯料金とまとめて支払う決済方法を一般的に「キャリア決済」と呼びます。

ドコモユーザーの方であれば、

1.d払い
2.ドコモ払い
3.spモードコンテンツ決済

これらのキャリア決済を利用している方も多いと思います。

この3つの決済方法はそれぞれ、店舗・ネットショップ両方で利用可能、ネットショップのみでの利用可能、購入できるサービスの違い、ドコモ回線の有無など様々な違いがありますが、この項で取り上げるのは「3」のspモードコンテンツ決済です。

spモードコンテンツ決済とは、

・dメニュー
・Google Play
・App Store
・iBooks
・iTunes
・iCloud

 

これらのサービスから購入したコンテンツ代金(電子書籍、音楽、ゲーム、映画、アプリなど)が毎月の携帯料金と合わせて決済されるサービスのことです。

このうち「dメニュー」に掲載されているコンテンツに関してはahamoでは利用することができません。

dメニュー

こちらの画像は「dメニュー」の「メニューリスト」のトップ画面と音楽をダウンロード購入できる某音楽コンテンツのスクショです。

dメニューのメニューリストトップ画面にも注意喚起してあるようにdメニューに掲載されているコンテンツに関しては、ahamo利用時のspモードコンテンツ決済ができず、「携帯電話料金と一緒にお支払い」は選択することができません。

今までドコモの「ギガプラン(ギガホ、ギガライトなど)」でdメニュー掲載コンテンツをspモードコンテンツ決済をしていた方が、決済方法を変えずにahamoに変更してしまうと、そのコンテンツは自動退会、解約され、ダウンロードした音楽や電子書籍のデータが消失してしまう可能性があります。

データ消失

ですので、ドコモユーザーの方でdメニューに掲載されているコンテンツを利用している方は、ahamoに変更する前に、spモードコンテンツ決済以外の方法(クレジットカード払いなど)に変更しましょう。

NTTドコモ公式サイト ahamoご契約時における 決済サービスの提供差異について

3.シェアパックを組んでいる方は要注意

ドコモ シェアパック

画像引用元:NTTドコモ公式サイト

2021年9月28日現在では、新規申込み受付が終了したドコモの料金プランですが、「シェアパック」とは家族でデータ量(ギガ)を分け合うプランです。

家族の主回線(親回線)の方がシェアパックを契約し、子回線の方がシェアオプションを契約する仕組みですが、先に主回線の方がahamoにプラン変更してしまうと、自動的にシェアパックが廃止され、残された子回線の月額料金が高くなる場合があります。

ドコモ シェアパック 注意点

画像引用元:NTTドコモ公式サイト

シェアパック主回線の方でahamoに変更予定の方かつ、シェアパックを維持する予定の方は、事前にシェアグループの代表回線を変更して、シェアパックを維持させてください。家族そろってプラン変更をする場合は、シェアパック子回線の方からahamoにプラン変更していく方法が良いでしょう。

4.その他使えなくなるサービス

1.留守番電話サービス

留守番電話

留守番電話サービス以外にも、電話機能を補助するサービスとして、

・キャッチホン
・転送でんわサービス

これらのサービスも使えなくなります。
ahamoへのプラン変更後は、留守番電話サービスに預けている伝言メッセージも消去されます。

2.ドコモショップでの無償対応

ドコモショップ

サービス開始当初、ahamoへの申込みも、ahamo変更後の手続きも、全てオンライン専門のプランでしたがドコモショップでの「サポート」という形で対応可能となりました。

ただし、有料となり1回のサポートつき、3,300円(税込)かかります。

・ahamo WEBお申込みサポート(3,300円)(税込)
・ahamo WEBお手続きサポート(3,300円)(税込)

NTTドコモ公式サイト ahamo WEBお申込みサポート

5.ファミリー割引などについて

ドコモ ファミリー割引

1.ファミリー割引

ドコモのファミリー割引は、同一ファミリー割引グループ内であれば、国内通話が無料になりますが、家族の方がahamoに変更した場合はその限りではありません。

ドコモのギガホなどファミリー割引対象の回線からファミリーグループ回線内のahamoの回線への通話は無料になりますが、
ahamo回線からファミリーグループ回線への通話は国内通話無料の対象外となり5分を超えると通話料はかかります。

家族内通話

NTTドコモ公式サイト ファミリー割引

2.みんなドコモ割と光セット割

みんなドコモ割とは、同一ファミリー割引グループ内で、条件を満たしたプランの回線数に応じて、回線ごとに月額料金の割引が発生する割引です。

条件を満たした回線数が、同一ファミリー割引グループ内に
・2回線で-550円(税込)
・3回線以上で-1,100円(税込)
の割引が各回線ごとに発生します。

ahamoの場合、同一ファミリー割引グループの回線数として、カウントはされますが、ahamoの回線には割引は適用されません。

ドコモ光、home 5Gとドコモのスマホとのセット割引である「光セット割」に関しても、ahamoは割引対象外となります。

6.ahamoに変わっても引き継げるサービス

ドコモサービス

1.d払い

spモードコンテンツ決済サービスでも解説しましたが、d払いはahamoに変更した後でも使えます。

ahamoに変更後でも携帯料金とd払いの料金を合算することもできますし、d払いでdポイントも貯まります。

2.スマホおかえしプログラム

ドコモの対象のスマホを36回払いで購入し、24回分を支払った後、ドコモのスマホを返却すれば、最大12ヶ月分の分割支払金を免除できる「スマホおかえしプログラム」はahamo変更後も引き継ぐことができます。

ahamo公式HP スマホおかえしプログラムについて

3.ケータイ補償サービス

故障・水漏れ・全損などに対して、電話機の交換、修理代金の負担を受けられる「ケータイ補償サービス」もahamo変更後引き継ぐことが可能です。

ちなみに、修理受付に関してはドコモショップにて、無料で受付可能となっています。(修理費用は別途請求されます)

ドコモ公式HP ahamo故障受付チャネルの拡大について

7.ahamoの感想

以上、今回は、以前ドコモショップに勤めており、ahamoに変更した知人から聞いた話を元に、「ahamoに変えたら使えなくなるサービス・機能」についてまとめてみました。

記事冒頭でも書きましたが、彼女にとってのahamoのデメリットは、「spモードコンテンツ決済(dメニュー)が使えないこと」ぐらいでした。

「通信速度は、ドコモのシェアプランだった頃と変わらないか?」

という筆者の質問に対しても、

「全く変わらない」

という答えが返ってきました。

このように知人はahamoのサービスに満足しているためか、知人の家族にもシェアプランからahamoへの変更を勧めているようです。

しかし、「ahamoに変えると、気軽にドコモショップに行くことができなくなる」という理由で、ahamoへの変更に二の足を踏んでいるとのことです。

記事を読んで頂いた方の中でも、ahamoに変えようか、変えまいか迷われている方もいらっしゃると思います。

「もっと実店舗で話を聞いてみたい」と思われた方は、弊社が運営しております、TOP1まで、お気軽にご相談下さい。 TOP1は、東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県に各携帯電話会社を扱った店舗を構えており、ご来店者の方に合ったサービス・プランを日々ご提案しております。

お近くに弊社の店舗がありましたらお気軽にご相談ください!

アハモ 詳細 店舗

 

 

 

 

 

ABOUT ME
YukiYoshida
長野県出身。2009年「株式会社ディ・ポップス」に入社。NTTドコモ、au、ソフトバンクなど様々な通信キャリアを取り扱う携帯ショップ「TOP1」やワイモバイルショップにて11年間携帯電話の販売に従事。現在はコンテンツマーケティング部署に所属。現場の経験を活かし、「携帯電話料金プランについてわかりやすい記事を書き、わかりやすく情報を発信する」をモットーに、日々売り場からの声や、最新の携帯電話に関する情報を収集し、記事の執筆にあたっている。